【社会人】はじめての一人暮らしの極意

アイキャッチ画像

こんにちは。とりごろうZです。

もう2月に入り、なんとなく春の兆しを感じている今日このごろです。

4月からは新卒として会社に入社される方も多いと思います。
本記事は、初めて一人暮らしを始められるビジネスマンに向け、気をつけるべきことを紹介します。

本記事の対象者
初めて一人暮らしを始めるビジネスマン。今回は東京で働く方を対象としています。

ちなみに本記事では家賃などの金銭面については特に言及しません。
お金以外の面で、実は気をつけたほうが良いのでは?とりごろうZが感じていることを紹介します。

目次

  1. 最寄り駅は徒歩5分以内!
  2. 会社の最寄り駅までは乗り換え無し!
  3. 自動洗濯乾燥機は必須!

1. 最寄り駅は徒歩5分以内!

最寄り駅は駅から徒歩5分以内が望ましいです。

徒歩10〜15分とかになってくると絶対に疲れます。
例えば自宅駅から最寄り駅まで徒歩15分だとして、月に20日は通勤すると仮定した場合、

30分 × 20回 で10時間 歩いていることになるんですよ!!

また、雨が降れば傘をささなければなりませんし、夏は灼熱、冬は極寒というストレスフルな状況を毎日30分も味わうことになるんです。

最寄り駅が徒歩5分程度であれば、時間の短縮は言うまでもなく、唐突に雨が降ってきてもなんとかなりますし、夏の灼熱も冬の極寒も、最低限のストレスで抑えることが可能になります。

近いは正義です。散歩が好きな方以外は最寄り駅から可能な限り近い部屋を借りましょう。

会社の最寄り駅まで乗り換え無し!

乗り換えがあると、まず電車遅延の影響を受けやすいです。路線を3つ利用している場合、1つしか利用していない場合に比べて単純に電車遅延が発生する確率が3倍になります。

そして、複数の路線を使う = 乗り換えが頻繁に発生する = 落ち着いて電車に乗っていられない という点も見逃せません。

せっかくの電車の時間は読者や英語の勉強など何でも良いのですが、ぜひ有意義に使いたいところです。

乗り換えが多いと、座ることもできず、乗り換えのために歩く時間が増え、結局乗り換えるための時間に時間を取られてしまいます。

これは非常にもったいないです。

できれば会社の最寄りまで乗り換え無しでいける場所に住み、通勤時間は有意義なことに時間を使えるようにすべきです。

自動選択乾燥機は必須!

自動洗濯乾燥機は無理してでも購入をオススメします。

はじめての一人暮らし、洗濯して干してたたんで、というのは思ったよりも時間とストレスがかかります。
天気も気にしなければいけません。

自動選択乾燥機があれば、いつでも好きなタイミングで3h程度で洗濯〜乾燥が可能です。
ボタンを押して、たたむだけ。天気も気にする必要はありません。

はじめての社会人生活、無駄なことに時間を注いでストレスを感じる必要はありません。
お金で解決できることは解決しましょう。


まとめ

本記事を通してお伝えしたかったことは、「回避できるストレスは可能な限り回避していこう」ということです。

ただでさえはじめての一人暮らしはストレスがかかるものです。

本業に集中できるようにも、一人暮らしのストレスはできる限り小さくしていくことが大切かなと思います。

とりごろうZ
私も昔は自宅から最寄り駅まで徒歩15分、乗り換え2回、自動洗濯乾燥機無し、という生活を送っていました。当時のストレスはそれはもう半端じゃなかったです。

まず出勤が面倒くさい。帰るのも面倒くさい。洗濯も面倒くさい。一人暮らしでストレスを感じるものだから、変にピリピリしてしまい、結果本業にも支障をきたして余計にストレスを感じてしまうという負の連鎖に入っていました。

これから一人暮らしをはじめる方には、ぜひ本記事の内容を考慮いただけると嬉しいなと思います!